「macOS 10.15」の一部詳細が明らかに

Appleは現地時間6月3日より年次世界開発者会議「Worldwide Developers Conference 2019(WWDC19)」を開催しますが、本日、Bloombergが、「WWDC 19」で発表される次期「macOS」こと「macOS 10.15」に関する情報を報じています。

以前より報じられている通り、Appleは開発者がiPad用アプリを新たなソフト開発キット(SDK)経由でMacに移植させることが出来るようにする計画で、「WWDC 19」ではそのことに関する発表が行われる模様。

開発者は引き続き、iOS用とMac用のApp Storeにそれぞれのバージョンを提供する必要があるものの、新しいSDKにより基本的なコードを2回書く必要はなくなります。

また、来年にはiPhone用アプリもMac用に転換できるようにする方針で、Appleは将来的にiPhone、iPad、Macの各アプリをどのAppleデバイスでも実行出来るよう統合することを目指しており、最終的にはApp Storeも統合される可能性があるとのこと。

なお、「macOS 10.15」に関してもこれまでに報じられている情報通り、「Podcasts」アプリや「友達を探す」及び「iPhoneを探す」アプリがMacでも利用可能になる他、「Siri ショートカット」アプリとの統合や「リマインダー」アプリや「Apple Books」アプリの刷新が行われる模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。