「watchOS 6」の一部詳細が明らかに

Appleは現地時間6月3日より年次世界開発者会議「Worldwide Developers Conference 2019(WWDC19)」を開催しますが、本日、Bloombergが、「WWDC 19」で発表される次期「watchOS」こと「watchOS 6」に関する情報を報じています。

これらの情報は計画に精通している関係者から入手したとのことで、Bloombergが報じている「watchOS 6」の詳細をまとめると下記の通り。

  • 現在、アプリはiPhoneで対応アプリをダウンロードし、「wacth」アプリを介してインストールされますが、「watchOS 6」ではApple WatchにインストールされたApp Storeよりアプリを直接ダウンロード・インストール可能に
  • 「ボイスメモ」アプリが利用可能に
  • アニ文字とミー文字のステッカーが利用可能に
  • オーディオブックを聴くために「Apple Books」アプリが追加される
  • 「計算機」アプリが利用可能に
  • 女性用の新しい健康関連のアプリが利用可能になり、1つはピルのリマインダアプリ「Dose」、もう1つは月経周期を追跡する為のアプリ「Cycles」
  • (アプリの名称はあくまでApple内部での呼び名の為、正式名は不明)

  • 新しいコンプリケーションの追加
  • 「グラデーション」、「X-Large」、「カリフォルニア」、「ソーラーアナログ」などといった新しい文字盤の追加
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。