「マイクロソフト・ソリティア」がビデオゲームの殿堂入り − 「スーパーマリオカート」や「モータルコンバット」も

本日、米Microsoftが、Windowsでお馴染みのカードゲーム「マイクロソフト・ソリティア」がビデオゲームの殿堂入りを果たしたことを発表しました。

ビデオゲームの殿堂こと「The World Video Game Hall of Fame」は、おもちゃやビデオゲームを展示する米ストロング国立演劇博物館が2015年から発表しているもので、「マイクロソフト・ソリティア」は1990年にリリースされた「Windows 3.0」で初めて搭載されたゲームで、これまでの29年間で65カ国語にローカライズされ、南極大陸を含む世界中の200以上の市場でプレイされるゲームとなっており、世界中の5億人以上のプレーヤーが遊んだそうです。

なお、今年は他にも、1976年に発売されたアドベンチャーゲーム「コロッサル・ケーブ・アドベンチャー」、1992年に発売された対戦型格闘ゲーム「モータルコンバット」、同じく1992年に発売されたカートレースゲーム「スーパーマリオカート」が殿堂入りを果たしています。

Microsoft Solitaire Inducted into The World Video Game Hall of Fame
2019 World Video Game Hall of Fame Inductees Announced

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。