Microsoft、「ペイント」アプリの「Windows 10」への標準搭載を当面は継続

Microsoftは2017年の「Windows 10 Fall Creators Update」のリリースを前に、Windows標準のお絵かきソフト「ペイント」が非推奨アプリになることを発表し、将来的に廃止する可能性があることを明らかにしていましたが、「Windows 10 May 2019 Update (バージョン1903)」でも引き続き提供されることが分かりました。

これは同社のWindows Insider Program TeamのBrandon LeBlanc氏がTwitterで明らかにしたもので、「Windows 10 May 2019 Update (バージョン1903)」でも「ペイント」は引き続き搭載されており、当面は「Windows 10」に搭載し続ける予定であることも明らかにしています。

「ペイント」アプリは1985年の「Windows 1.0」から30年以上にわたり標準搭載され続けているアプリで、現在は同アプリの機能を引き継ぎ、3Dオブジェクトに対応した「ペイント 3D」が後継アプリとして提供されています。

[via Neowin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。