「macOS 10.15」ではSiriショートカットやスクリーンタイムの機能が利用可能になる模様

9To5Macが、次期macOSこと「macOS 10.15」の開発に精通した人物の情報として、「macOS 10.15」ではSiri ショートカットやスクリーンタイムをサポートするようだと報じています。

Siriショートカットは、iOSではショートカットアプリを別途ダウンロードする必要がありますが、「macOS 10.15」でも同様にユーザーはMac App Storeよりアプリをダウンロードする必要があるかもしれないとのこと。

以前より、AppleはiPhoneやiPad、Macを統合したユニバーサルアプリの提供を計画しており、そのプロジェクトのコードネームは「Marzipan」と言われていますが、macOSでショートカットに対応するのはMarzipanアプリのみとの情報があるそうです。

また、「iOS 12」より導入されたスクリーンタイムの機能もmacOSで利用可能になるようで、iOSと同じように、ユーザーはアプリの使用時間などを確認したり、親が子供の使用時間の制限などを行うことが可能になります。

macOSではシステム環境設定に新たなパネルが用意され、設定した制限時間を超えてしまうと、ユーザーはアプリを閉じるか、パスワードを入力してアプリのロックを解除することが可能です。

さらに、Appleはシステム環境設定に新しい「Apple ID」の管理パネルを追加することにも取り組んでおり、ファミリー共有の設定のサポート強化などが行われる他、iMessengerの紙吹雪や花火などのメッセージエフェクトも利用可能になる模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。