次期「iPhone」、フロントカメラは1,200万画素に??

9To5Macによると、Apple関連の情報では定評のあるTF International SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、今秋に発売される次期「iPhone」のフロントカメラは1,200万画素になると予測していることが分かりました。

また、次期「iPhone」の3眼カメラは6.5インチと5.8インチの有機ELディスプレイ搭載モデルにのみ搭載され、広角レンズと望遠レンズのカメラに加え、ソニー製で1,200万画素/1μmセンサーを採用した超広角レンズのカメラが追加される模様。

また、その超広角カメラとフロントカメラは周囲のデザインを調和するようブラックレンズコーティング技術が採用されるようです。

さらに、「iPhone XR」の後継モデルは2眼カメラを搭載するとも予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。