Apple、「友達を探す」と「iPhoneを探す」の両アプリを統合か − 紛失防止タグを開発中との情報も

9To5Macが、計画に精通した匿名の情報筋の話として、Appleは「友達を探す」と「iPhoneを探す」の両アプリを統合した新しいアプリを開発しているようだと報じています。

その新しいアプリは「GreenTorch」というコードネームで呼ばれており、現在、エンジニアによってテストされているそうで、「友達を探す」と「iPhoneを探す」が1つにまとめられた形のアプリとなっていて、MarzipanアプリとしてiOSとMacの両方で利用出来るようになるとのこと。

また、ユーザーのデバイスを検索する機能が強化されており、「ネットワーク検索」という機能により、Wi-Fiまたはモバイルネットワークに接続していない場合でもデバイスを追跡出来る模様。

さらに、自分の現在地を家族と共有するだけでなく、友人とも共有可能で、友人が自分の現在地を共有している場合、その友人が特定の場所に到着した時や特定の場所を離れた時に通知を送ることも可能。

他にも、Appleは紛失防止タグ「Tile」のような「B389」という新しいハードウェア製品の開発を行っており、ユーザーのiCloudアカウントと連携し、ユーザーがタグを取り付けたデバイスから離れると通知が来る仕組みで、タグの位置情報も家族や友達と共有したりすることも可能なようです。

ただ、この製品がいつ発売されるのかは不明で、早ければ次期「iPhone」と同じ今秋あたりに発売されるものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。