Microsoft、ディスクレスの「Xbox One S デジタル専用エディション」を国内でも予約受付開始

本日、日本マイクロソフトが、ディスクレス「Xbox One S」こと「Xbox One S デジタル専用エディション」を国内でも発表し、予約受付を開始しています。

同モデルは、光学ドライブが廃止され、ゲームはダウンロード購入してプレイするモデルとなっており、4K Ultra HDやHDR対応など基本性能は「Xbox One S」と同等で、1TBのハードディスクを内蔵しています。

また、日本版では「Minecraft」と「​​Forza Horizo​​n 3」のダウンロード版コードが同梱されている他、「Xbox Live ゴールド メンバーシップ 1ヶ月」も同梱されています。

なお、2019年5月7日(火)より24,980円(税抜参考価格)で全国のXbox製品取り扱い販売店で発売されます。

Xbox One S デジタル専用エディション – Microsoft Sotre
Xbox One S デジタル専用エディション – Amazon

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。