Microsoft、「Visual Studio 2019」を正式にリリース

本日、Microsoftが、統合開発環境「Visual Studio」の最新版である「Visual Studio 2019」を正式にリリースしました。

「Visual Studio 2019」では、多数のプロダクティビティ性能の向上、コラボレーション機能の強化、ツールの高速化が行われている他、Gitリポジトリを扱いやすくなった新しいスタートページの採用やAIアシスタント「Visual Studio IntelliCode」の搭載、Pythonの仮想環境や「conda」に対するサポートの強化、デバッグできるチームメンバーとリアルタイムで共同作業を行える「Live Share」機能の搭載なども行われています。

なお、「Visual Studio 2019」はWindows版とMac版が用意されており、下記のサイトからダウンロード可能です。

Visual Studio 2019 – Microsoft

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。