Mac向け人気RSSリーダーアプリの次期バージョン「Reeder 4」の最新のベータ版公開(Beta 10)

本日、Silvio Rizziが、Mac向けRSSリーダーアプリ「Reeder」の次期バージョンである「Reeder 4」の最新のベータ版である「Reeder 4 for Mac Beta 10」を公開しました。

「Reeder 4」では、iCloud同期を利用してiOS版とMac版でRead Laterを同期出来る機能や、ウインドウサイズに応じてレイアウトを自動的に調整する機能、記事ビューワへのWKWebview採用などが特徴となっており、本ベータ版ではリストに書ききれないほどの変更や修正が加えられているようです。

なお、正式リリース時期は明らかにされていないものの、一からコードが書き直されている為、当初の計画よりも時間が掛かっているようです。

また、iOS版の「Reeder 4」の開発はほぼ完成しているそうで、「Reeder 4」は有料アプリとしてリリースされる予定です。

Reeder 4 for Mac(パブリックベータ版)
Reeder 3 for iOS
 
Reeder 3 for Mac
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。