Microsoft、教育機関向けに「Microsoft クラスルームペン」を4月22日に発売へ

本日、日本マイクロソフトが、教育機関向けの「Microsoft クラスルームペン」を4月22日より発売すると発表しました。

「Microsoft クラスルームペン」は、子どもがタブレットやPCと一緒にペンを利用することを想定して設計された製品で、特に「Surface Go」との組み合わせての使用がおすすめされています。

また、自然な書き心地で文字や絵を描くことでき、子どもの手にちょうど良い約 11cmサイズのペンとなっている他、ペン先の耐久性を高めるなど、子どもが活発に使用することを考慮して設計されていて、ペンごとにペン先が交換できるようになっています。

なお、価格は20 本セット(交換用ペン先含む)で85,800 円(1本当たり4,290円)となっており、3,000社を超える国内の法人向け販売パートナーにて先行受注受付中です。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。