米Apple、「iPhone」の使い方などをまとめたページ「iPhone can do what?」を公開

本日、米Appleが、「iPhone」の新しいプロモーションページ「iPhone can do what?」を公開しました。

同ページでは、「iPhone」の様々な使い方がタイル形式で紹介されており、防水性能やプライバシー、AirDrop、グループFaceTime、写真検索、おやすみモード、ミー文字、iPhoneを探す、音声入力、画面録画、Apple Pay、Wallet、拡大鏡など多数の機能の使い方が紹介されています。

現時点では米国の公式サイトのみで公開されていますが、近い将来に日本の公式サイトでも公開されるものと予想されます。

iPhone can do what? – Apple

また同時に、5本のCMも公開されており、下記がその映像ですので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。