Apple、「iPhone」で撮影した写真のコンテスト「Shot on iPhone Challenge」の入賞作品を発表

本日、米Appleが、1月下旬から2月7日までの期間に開催していた「iPhone」で撮影した写真のコンテスト「Shot on iPhone Challenge」の受賞作品を発表しました。

本コンテストは、期間中に「iPhone」で撮影した写真を”#ShotoniPhone”のハッシュタグを付けてInstagramまたはTwitterに投稿したり、Appleにメールすることで参加可能だったもので、写真は「iPhone」のカメラで撮ったそのままの状態でも、Appleの編集ツールまたはサードパーティのソフトウェアを使って編集したものでも良いといった条件でした。

入賞作品は10点が選出されており、受賞者はシンガポール、ドイツ、ベラルーシ、イスラエル、米国の方々で、使用された機種はiPhone 7、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone Xs/Xs Maxとなっており、全ての写真は下記のニュースリリース記事で閲覧可能です。

また、入賞作品は、Apple Newsroom、AppleのInstagram、apple.com、Apple直営店、Apple WeChat、AppleのTwitter、AppleのWeibo、そして世界中の屋外広告などでフィーチャーされる予定です。

ニュースリリース – Apple(US)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。