Microsoft、「HoloLens 2」を正式発表 − 日本でも年内に発売予定

本日、Microsoftが、スペインのバルセロナで開催したイベントにおいて、ヘッドセット型デバイス「HoloLens」の新モデルである「HoloLens 2」を正式に発表しました。

「HoloLens」シリーズは現実世界に3Dオブジェクトを重ねて表示できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、「HoloLens 2」ではディスプレイシステムを一新し、画素密度はそのままで、オブジェクトを表示できる視野角が前モデルに比べて約2倍に拡大され、低消費電力化が図られています。

また、視線を検知するアイトラッキングセンサーも内蔵され、ディスプレイに投影されたホログラムを視線で制御可能になったことに加え、虹彩認識によるWindows Helloにも対応しています。

他にもセンサーやプロセッサ能力の向上や指の動きまで認識できるハンドトラッキング機能の搭載も行われており、本体には軽量な炭素繊維素材を採用し、背面のダイヤルを回してフィッティングする仕組みなどにより、ほぼ全ての人が快適に装着できるようになった他、眼鏡を掛けたままでも装着出来るようになっています。

なお、価格は3,500ドル(約39万円)で、米国、日本、中国、ドイツ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、オーストラリア、ニュージーランドで2019年中に発売予定となっており、本日より予約受付が開始されていて、購入を希望するユーザーはMicrosoft Storeの電話窓口(0120-03-5241 月曜~金曜 午前9:00~午後5:30)に電話し、予約を希望する旨を伝えれば良いそうです。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。