次期「iPhone」シリーズはボディにすりガラスを採用か - 引き続きLightningコネクタ採用との情報も

MacRumorsによると、Apple系の情報ではお馴染みのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、今秋に発売予定の次期「iPhone」は現行モデルと同じく、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルといったラインナップになるだろうと報告していることが分かりました。

次期「iPhone」では全てのモデルのボディの素材にすりガラスが採用され、ワイヤレスで他のデバイスの充電が可能になるとのことで、もし本当であれば「iPhone」から「Apple Watch」やワイヤレス充電に対応すると言われている新型「AirPods」の充電ケースなどをワイヤレスで充電可能になるのかもしれません。

また、より大容量のバッテリーや3眼カメラが搭載される他、Face IDのアップグレードや屋内測位とナビゲーションのためのウルトラワイドバンド対応などが行われるものの、接続・充電ポートはUSB-Cではなく、引き続きLightningコネクタが採用される見込みで、ノッチの大きさも現行モデルから変わりないと予想されています。

さらに、「iPhone XR」の後継モデルRAMが4GBにアップグレードされる可能性もあるとのこと。