Google、一部ユーザーで「Google マップ」のARナビ機能のテストを開始

Googleが、「Google マップ」を利用する一部のユーザーにおいてAR(拡張現実)ナビのテストを開始したことが分かりました。

ARナビは昨年5月に開催された開発者向けのイベント「Google I/O 2018」で発表された機能で、上記画像のようにスマホなどのカメラで実際の街並みを映しながら、その画面にナビの情報を表示してくれるもので、どの方向に進めば良いのかがより分かり易くなります。

ただ、この方法ではユーザーがスマホ画面に集中してしまう場合があり危険なので、同機能は歩いている間はスマホを下げるよう促す注意が表示されるようになっており、スマホを下げると通常の地図画面に戻るようになっています。

なお、同機能が全てのユーザー向けに公開される時期は不明ですが、この機能を試したWSJのDavid Pierce氏が実際に使用するところを撮影した映像を公開しているので、是非ご覧下さい。

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。