次期「iPhone」に関するちょっと怪しい新情報 − 価格は据え置きか

Droid Shoutというサイトが、情報筋より得たという次期「iPhone」に関する情報を独占情報として報じています。

その情報によると、Appeは2019年に3つの新しい「iPhone」を発売する予定で、うち2つは有機ELディスプレイを搭載する予定で、Android搭載スマホはノッチを排除する方向に動いているものの、次期「iPhone」は引き続きノッチが採用される予定とのこと。

ノッチが小さくなった試作機も存在しているようですが、ノッチ自体は無くならないようです。

また他にも、グリップ性やひっかき傷への耐久性の改善を目的とした新しいコーティングが採用されるといった情報や、USB-Cポートの採用といった情報もあるようですが、USB-Cポートの採用については確証は得られていない模様。

さらに、「iPhone XR」の次期モデルには新色としてグリーン系の新カラーが追加され、現行のカラーラインナップから1色が廃止されるといった情報や、「iPhone XS Max」の次期モデルには3眼カメラが搭載され、「iPhone XR」の次期モデルは2眼カメラが搭載されると報じており、価格については現行モデルから変わらないとのこと。

ただ、同サイトはiPhoneに関する情報の実績がなく、信憑性については懐疑的である為、話半分で捉えておいた方が良さそうです。

また、販売価格についても正式に決まるのはもっと先のはずなのですし、高価な価格設定で苦戦している現在の価格をそのまま継続するというのも有り得ないような気もします。(今のAppleならやりかねないですが…)

[via BGR

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。