米Microsoft、同社2019年第2四半期の業績を発表 − クラウド関連やSurfaceなどが好調

本日、Microsoftが、同社2019年第2会計四半期(2018年10~12月)の業績を発表し、売上高は前年同期比12%の324億7,100万ドル、、純利益は84億2,000万ドルでした。

Microsoftphoto

セグメント別の売上高は下記の通りで、「Productivity and Business Processes」はOfficeとDynamics、「Intelligent Cloud」はサーバやAzure、「More Personal Computing」はWindows、ハードウェア、Xbox、検索が含まれています。

・Productivity and Business Processes:101億1,000万ドル(前年同期比13%増)
・Intelligent Cloud:93億8,000万ドル(同20%増)
・More Personal Computing:129億9,000万ドル(同7%増)

なお、Surface部門の売上高は前年同期比39%増の18億6,000万ドル、「Office 365」のコンシューマー登録者数は前期比80万人増の3,330万人、企業向け「Office 365」の売上高が27%増、LinkedInの売上高も30%増と好調で、予てから好調だったクラウドサービスに加え、ビジネス需要やSurfaceおよびゲームの伸びによって好調を維持しています。

[via Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。