Anker、全対象製品へのPSEマークの表示完了を報告

本日、Ankerが、2018年2月1日に経済産業省より発表された、電気用品安全法に基づくポータブルリチウムイオン蓄電池の規制対象化を受け、全対象製品へのPSEマーク表示を完了したことを発表しました。

本対応は、2018年2月1日に経済産業省より発表された、電気用品安全法に基づくポータブルリチウムイオン蓄電池の規制対象化を受けたもので、同社では改正後すぐにモバイルライフ・パートナーブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」等の対象製品の洗い出しに着手し、段階的かつ着実に手続きを進めてきたそうです。

これにより、今後販売される対象製品には適切にPSEマークが表示されるとのことですが、AnkerグループではこれまでもPSEマークの取得に必要な技術基準に適合した製造を行っていたとのこと。

なお、平成31年2月1日以降は対象製品は技術基準等への適合やPSEマークの表示が義務付けられ、技術基準等を満たさない製品の製造・輸入及び販売はできなくなります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。