「macOS 10.14.4」ではSafariの自動入力にTouch IDが利用可能に

昨日、Appleが開発者に対し「macOS 10.14.4 beta 1」をリリースしましたが、MacRumorsによると、「macOS 10.14.4 beta 1」ではTouch IDを利用したSafariの自動入力に対応していることが分かりました。

システム環境設定のTouch IDの設定欄に、新たに”Safariの自動入力”の項目が追加されており、有効化することでSafariでユーザーIDやパスワードなどの自動入力時にパスワードを入力する必要がなく、Touch IDを利用することで自動入力を行うことが可能となっています。

まだベータ版の為、正式に導入されるのかはまだ分かりませんが、Touch ID対応機種では更に便利になりそうです。

スポンサーリンク