「iPhone」のバッテリー交換数、昨年は1,100万個だった事が明らかに

Appleは昨年1月〜12月までの期間限定で「iPhone」のバッテリー交換費用の値下げ対応を実施していましたが、同社が昨年に交換した「iPhone」のバッテリーの数は1,100万個だった事が分かりました。

これはAppleが同社2019年第1四半期の業績予測の下方修正を発表したことから、現地時間の1月3日に開催された緊急の社内会議でティム・クックCEOが明らかにしたもので、通常であればバッテリーの交換台数は年間100〜200万個であるものの、昨年の交換プログラムの実施期間だけで1,100万個のバッテリーを交換したそうです。

2018年の「iPhone」のバッテリー交換プログラムは、古いバッテリーを搭載した「iPhone」の性能抑制問題からバッテリー交換費用を値下げして対応していたもので、日本でも2018年1月初めから2018年12月末までの期間で開催されていました。

[via Daring Fireball / 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。