Anker、MFi認証を取得した「USB-C - Lightning ケーブル」を発表 - 「USB-C - Lightning オーディオアダプタ」も

MacRumorsによると、BelkinとGriffinに続き、AnkerもMFi認証を取得した「USB-C – Lightning ケーブル」を発売する予定であることが分かりました。

Ankerは「PowerLine」シリーズや「PowerLine+」シリーズで「USB-C – Lightning ケーブル」を発売する予定で、長さは3フィート(約0.9m)と6フィート(約1.8m)の2サイズが用意され、「PowerLine」シリーズの「USB-C – Lightning ケーブル」は今年3月に発売される予定です。

また同時に、USB-Cポートを搭載したMacやiPad Pro向けに設計された「USB-C – Lightning オーディオアダプタ」も発表しており、同アダプタを利用することで、Lightningコネクタを採用したイヤフォンなどがUSB-Cポートでも利用可能になり、こちらは2019年4月に発売予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。