Anker、MFi認証を取得した「USB-C - Lightning ケーブル」を発表 - 「USB-C - Lightning オーディオアダプタ」も

MacRumorsによると、BelkinとGriffinに続き、AnkerもMFi認証を取得した「USB-C – Lightning ケーブル」を発売する予定であることが分かりました。

Ankerは「PowerLine」シリーズや「PowerLine+」シリーズで「USB-C – Lightning ケーブル」を発売する予定で、長さは3フィート(約0.9m)と6フィート(約1.8m)の2サイズが用意され、「PowerLine」シリーズの「USB-C – Lightning ケーブル」は今年3月に発売される予定です。

また同時に、USB-Cポートを搭載したMacやiPad Pro向けに設計された「USB-C – Lightning オーディオアダプタ」も発表しており、同アダプタを利用することで、Lightningコネクタを採用したイヤフォンなどがUSB-Cポートでも利用可能になり、こちらは2019年4月に発売予定です。

2 COMMENTS

匿名

USB-C to Lightningオーディオはちょっと予想外でした
次世代機はUSB-Cになりそうなのでその時用でしょうか

現在コメントは受け付けておりません。