Apple、1月31日をもって「iMac (Late 2012)」をビンテージ製品とオブソリート製品に追加へ

MacRumorsによると、Appleが2019年1月31日をもって「iMac (Late 2012)」を「ビンテージ製品とオブソリート製品」のリストに追加する予定であることが分かりました。

これはAppleが正規サービスプロバイダに配布した資料から明らかになったもので、「iMac (Late 2012)」の21.5インチおよぼ27インチモデルが新たに「ビンテージ製品とオブソリート製品」のリストに追加されます。

同リストに追加されると、通常は米国およびトルコではビンテージ製品に、日本など他の国々ではオブソリート製品に指定され、オブソリート製品に指定されると、Appleはハードウェアサービスを終了し、正規サービスプロバイダでもオブソリート製品の部品は発注出来なくなり、正規の修理サービスを受けることが出来なくなることを意味しています。

ただ、昨年8月末で同リスト入りした「MacBook Air 11インチ/13インチ (Mid 2012)」などと同様に、部品の在庫状況に応じて修理サービスを継続する試験的なプログラムの対象モデルとなっており、2021年01月30日までは世界中のApple Storeと正規サービスプロバイダで部品の在庫がある場合に限り修理サービスを受けることが可能です。

ビンテージ製品とオブソリート製品

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。