Huawei、「iPhone」からのTwitter投稿で社員2人を処分

Reuterによると、中国の通信機器最大手のHuaweiが、Appleの「iPhone」を使ってTwitterに投稿したとして同社の社員2人を処分した事が分かりました。

問題の社員は「iPhone」から新年の挨拶メッセージを投稿していたそうで、投稿はすぐに削除されたものの、そのスクリーンショットがネット上に出回ってしまっています。

「iPhone」を利用した理由としては、外部委託業者が大晦日の夜に新年のメッセージを投稿しようとした際、パソコンの仮想プライベートネットワーク(VPN)で問題が発生した為、業者は時間通りにメッセージを送るためにiPhoneを使用したとのこと。

そして、同社はこの問題がHuaweiのブランドを傷つけたとして、管理不行き届きなどを理由に責任者2人を降格させ、月給を5,000元(約78,000円)減額したそうです。

スポンサーリンク