iPhone XS用「Smart Battery Case」のアイコンが「iOS 12.1.2」からも見つかる

Appleが「iPhone XS」シリーズ向けに純正のバッテリー内蔵ケース「Smart Battery Case」を準備していることを示す証拠が何度か報じられていますが、MacRumorsによると、「iOS 12.1.2」には既に「iPhone XS」用の「Smart Battery Case」のアイコンが用意されている事が分かりました。

そのアイコンは、「iPhone 7」用の「Smart Battery Case」を改造し、「iPhone XS」に無理矢理接続した際にバッテリーウィジェットに表示されるもので、ベゼルレスで縦型のデュアルレンズカメラを搭載した「iPhone XS」に合ったデザインとなっています。

同様のアイコンは過去に「watchOS 5.1.2 beta 2」からも見つかっており、Appleが「iPhone XS」用の「Smart Battery Case」を準備していることは確かなようです。

ただ、この新型「iPhone」シリーズ向けの「Smart Battery Case」が一体いつ発売されるのかは不明。

恐らく、同ケースもワイヤレス充電に対応しているものと予想されるのですが、「AirPower」や「AirPods」用のワイヤレス充電ケースが発売されないことと何か関係しているのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。