サードパーティ製「USB-C – Lightning ケーブル」に搭載されるC94コネクタの写真 ー 来年早々に販売開始か

MFi(Made for iPhone/iPad/iPod)認証を取得したサードパーティ製の「USB-C – Lightning ケーブル」は来年早々に発売されるものとみられていますが、充电头网が、そのサードパーティ製「USB-C – Lightning」ケーブルに搭載されるC94という型番のLightningコネクタの写真を公開しています。

同コネクタの写真はサプライチェーンから入手したもので、この”C94″という型番のコネクタはサードパーティメーカーがMFi認証を取得した「USB-C – Lightning ケーブル」を製造する際に必須となっており、この写真から何かが分かるという訳ではないものの、発売に向け着々と準備が進められていることが予想出来ます。

ちなみに、Apple純正の「USB-C to Lightning ケーブル(A1703)」は”C91″という型番のコネクタを採用しており(2018年4月以前の古いモデルは”C52″)、下記画像がその”C91″コネクタの内部写真で、サードパーティ製とは内部設計が少し異なっています。

また、サードパーティ製「USB-C – Lightning ケーブル」の登場とともに、従来のMFi認証取得済みサードパーティ製「USB-A – Lightning ケーブル」のコネクタについても”C48″から”C89″へ変更される予定です。

なお、サードパーティ製の「USB-C – Lightning ケーブル」の仕様は、USB PD非対応の場合は最大15W、USB PD対応の場合は18Wでの充電がサポートされ、早ければ来年2月頃から登場し始めることになるとみられており、サードパーティからより安価な「USB-C – Lightning ケーブル」が登場するものと予想されます。

USB-C – Lightningケーブル (1m) – Apple

スポンサーリンク