「Microsoft To-Do」のAndroid版、マルチアカウントをサポートへ

本日、Microsoftが、タスク管理アプリ「Microsoft To-Do」のAndroid版の最新版(バージョン1.45)でマルチアカウントをサポートすることを案内しています。

Microsoft To-Do」は、リストを家族や同僚と共有出来る機能やTo Doを小規模でより実行可能な項目に分割することができるステップ(サブタスク)機能などを備えており、タスクの色分けや期限とアラームの設定、メモの追加なども可能です。

また、Outlookメールとの統合により、OutlookのデスクトップクライアントアプリまたはOutlook.comで同じMicrosoftアカウントを使ってタスクを表示できる他、すべてのTo DoがExchange Online サーバーに保存されているため、Microsoft To-DoとOutlookタスクの両方に自動的に表示されるようになっています。

なお、価格は無料で、Google Playよりダウンロード可能です。

[via Neowin

スポンサーリンク