Appleが「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」の発注数を削減との報道

WSJが、複数の関係筋の話として、Appleがここ数週間で「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」の発注数を削減したことが分かりました。

これら新型「iPhone」の需要が予想を下回っていることに加え、販売モデルの種類を増やしたことを受けて、必要となる部品や端末の数の予測が難しくなっている模様。

その中でも「iPhone XR」が特に問題が大きく、一部のサプライヤーには9月から来年2月にかけて7,000万台近くの生産を要請していたものの、この計画は最大3分の1縮小されるようで、Appleは先週も一部のサライヤーに対し、「iPhone XR」の生産計画縮小を伝えたようです。

iPhone XS/XRの購入はこちら

13 COMMENTS

匿名

XsMax買った人間が言うのもなんだけど、
いくら何でも高騰しすぎだね。
世界情勢と日本の経済の違いを考えても、発注数を落とすってことは、
世界的に売れ行きが予想より下回ってるってことだしね。

なんか、昔のアップルの再来になりそうだね。
ユーザー数が減っては、エコシステムも成り立たなくなるよ。
そのうちに。

匿名

これで、来年のラインナップを考え直してくれればいいんだが…
6.5インチ、6.1インチ、4インチでいいじゃないか…

匿名

機能や大きさ云々じゃなく価格の問題しか無い
たぶんそれ一点

匿名

ユーザー層が食い合うラインナップの微妙さと
価格に見合う進化がなかったね。

匿名

進化は十分だとは思う。
SoCの性能は、Core i5相当までにいってるし、
A12XではMacbookPro並みの性能はある。
カメラもXsになってから画質が体感できるレベルで上がってるしね。
正直、スマートフォンというカテゴリーではこれ以上躍進的な確信は無いと思う。

ただ、値段だけが問題だね。
Andorid使ってる人はandroidの値段がiPhoneに近くなると途端に手のひらを返したかのようにiPhoneで良いと言い出す人が多い。
ってことは、iPhoneそのもののブランド力は健在してるのに、値段がネックでandroidを選ぶ人だって多い。
だからXrの役目は、androidの枠を奪うことが仕事だったはずなのに、まさかの9万後半設定はちょっとね。

そりゃ、安いiPhoneを出すと上位機種が売れなくなるのは経営戦略的には良くないかもしれないが。
長期的な目線で見るなら、
ユーザー数は絶対に必要。
それなら、A12を積んだXrでなく
iPadのエントリー機種のようにA10を搭載して
RAMも2GBで、6,7万円台クラスでも良かったはず。

アップルファンの1人としては、
この先の経営が少し心配である。

匿名

Core i5どころか3の足元にも及んでない
よくてATOM。現実を見ろよ…

匿名

カメラはAndroidのXPERIAかイメージセンサー1.5倍くらい高性能
コンデジ並みって感じ

iPhoneはカメラに関しては2世代くらい技術が古いよ

匿名

ノッチが無なくなるまで買うことができなくなった

匿名

この感じだと春先に iPhone8にA12乗っけた iPhone9が出そうな気がする。
完全にXシリーズは失敗だし

匿名

自社でのカニバリズムを嫌ったジョブズの考えとは違うことをしたのが敗因だな

現在コメントは受け付けておりません。