Apple、「Final Cut Pro 10.4.4」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro」をアップデートし、最新版のバージョン10.4.4をリリースしています。

th_finalcutpro102

今バージョンでは多数の変更が加えられており、詳細は下記の通り。

ワークフロー機能拡張

  • 他社製機能拡張をアプリケーションインターフェース内で直接開けるように、Final Cut Proの機能を拡張
  • 機能拡張ウインドウ、ブラウザ、およびタイムライン間でクリップをドラッグ&ドロップ
  • 既存の他社製アカウントに接続して、プロジェクトへのアクセス、メディアのダウンロード、コンテンツの購入が可能
  • 密接な統合により、機能拡張を使って、タイムライン再生、ナビゲーション、クリップマーカーなどを制御可能
  • ワークフロー機能拡張には、共同作業(Frame.io)、ストックメディア(Shutterstock)、およびアセット管理(CatDV)のための各種ツールを用意

バッチ共有

  • カメラLUTの有無を問わず、複数のクリップをブラウザ内で書き出してトランスコードすることで、デイリーおよびその他のレビューのターンアラウンド速度を改善
  • 複数のプロジェクトを選択して書き出す
  • バッチ共有をバンドルと組み合わせて、複数のファイルを1ステップで複数のフォーマットにエンコード
  • 書き出しの進捗状況をバックグラウンド・タスク・ウインドウでモニタ

ビデオのノイズリダクション

  • ドラッグ&ドロップできる高品質なノイズ・リダクション・エフェクトを適用して、グレインノイズやビデオノイズを低減
  • シンプルなコントロールを使用して、ノイズリダクションの結果と量をすばやく調整
  • インスペクタ内でノイズ・リダクション・エフェクトをドラッグすることで、処理順序を簡単に変更
  • ビューアには一時停止時にノイズ・リダクション・エフェクトを表示し、スキミング時はエフェクトを無効にすることで、パフォーマンスを最適化
  • 滑らかな継ぎ目を保持しながら、360°ノイズリダクションを360°ビデオクリップに適用

タイムコードウインドウ

  • プロジェクトおよびソースタイムコードを1つ以上のフローティング・タイムコード・ウインドウに表示
  • タイムコードウインドウをサイズ変更していずれかを2番目のウインドウにドラッグ
  • クリップ名とロール名の表示/非表示を選択可能
  • タイムコードウインドウ内のカラーコーディングはタイムライン内のロールのカラーに一致

比較ビューア

  • 比較ビューアを開いてほかのフレームを参照し、プロジェクト内のカラーグレーディングの一貫性を保持
  • タイムライン内の前後のクリップを参照フレームとしてすばやく選択
  • 任意のイメージをフレームブラウザに保存して、後で比較ビューア内で参照

タイニープラネット

  • 360ºビデオを非360ºプロジェクトに追加するときに“タイニープラネット”マッピングオプションを選択することで、全方位の楽しい外観を作成
  • ロールおよびチルトパラメータを使用して、タイニー・プラネット・エフェクトを無限円柱にラップ
  • パンパラメータを調整して、被写体をタイニープラネット内で水平方向に移動
  • 視野をアニメートして、クローズアップから素材上を高く飛行するサテライトビューまで遷移
  • “タイニープラネット”マッピングオプションを適用することで、360°タイトルおよびジェネレータに強力なワープ感を演出

その他の新機能

  • クローズドキャプションを、FacebookなどのさまざまなWebサイトで使用されるSRTフォーマットで表示、編集、配信
  • クローズドキャプションをビデオに焼き込んで、再生中に常に表示することを選択可能
  • タイムライン内でドラッグしてセカンダリーストーリーラインを選択するときに、個々のクリップまたはセカンダリーストーリーライン全体の選択が可能に
  • 任意の写真またはビデオにコミックフィルタを適用して、すばやくコミック風のイラストに変換。コミック風の外観はシンプルなコントロールを使って、インクのエッジ、塗りつぶし、滑らかさをきめ細かく調整可能

なお、同アプリの価格は34,800円ですが、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro
価格: ¥34,800

スポンサーリンク