Apple、「MacBook Pro 15インチ (2018)」向けに「Radeon Pro Vega GPU」のオプションを提供開始

本日、Appleが、「MacBook Pro 15インチ(2018)」のCTOにて、オプションで「Radeon Pro Vega GPU」の提供を開始しました。

「Radeon Pro Vega GPU」のオプションは「MacBook Pro 15インチ(2018)」の上位モデルのみ選択でき、「Radeon Pro Vega 16(4GB HBM2メモリ搭載)」で+27,500円(税別)、「Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)」で+38,500円(税抜)となっています。

「Radeon Pro Vega GPU」はノートブックに初めて搭載されるディスクリートモバイルVega GPUで、iMac Proに使われているものと同じグラフィックアーキテクチャを持つVegaは、強化された演算エンジンをもたらすと案内されています。

また、高帯域幅メモリ(HBM2)によりGPUのメモリ帯域幅を2倍に広げながら、そのために必要なパワーを大幅に減らすので、GPUそのものが使えるグラフィックパワーの割当量が増え、その結果グラフィックス性能が大幅に高速化し、Radeon Pro 560Xよりも最大60パーセント速くなるとのこと。

MacBook Pro 15インチ(2018) – Apple

スポンサーリンク