iFixit、新型「Mac mini」の分解レポートを公開

iFixitが、先日に発売した新型「Mac mini」の分解レポートを公開しています。

同製品の分解についてはこれまでにも動画などが公開されていますが、メモリ(RAM)はSKHynix製、フラッシュストレージは東芝製となっています。

修理し易さを示すスコアは10点満点中6点となっており、分解が容易でメモリの交換が可能なことがプラス面で評価されているものの、CPUやフラッシュストレージがはんだ付けされていることや、各種ポートが故障した場合にロジックボードを交換する必要があることがマイナス面となっています。

Mac mini Late 2018 Teardown – iFixit

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。