iFixit、新型「Mac mini」のメモリの交換手順を公開

新型「Mac mini」はメモリをユーザー自身で交換するにはある程度の分解が必要となっていますが、iFixitが、新型「Mac mini」のメモリを交換する手順を公開しました。

簡単に説明すると、裏蓋を開けて、アンテナのケーブルや冷却ファンを外し、ロジックボードを引き出し、メモリの放熱板を取り外すことで交換可能となっています。

現在のところ英語版のみですが、写真付きで解説されているので英語が分からないという方でもある程度理解出来る内容となっており、メモリの交換を検討している方は是非参考まで。
(但し、Appleはユーザー自身での交換を認めていない為、あくまで自己責任でお願いします)

Mac mini Late 2018 Memory Replacement – iFixit

iPhone XS/XRの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。