新型「Mac mini」、メモリはユーザー自身で交換可能なものの分解必須

本日、新型「Mac mini」が発売されましたが、Mac専門店秋葉館によると、新型「Mac mini」のメモリはユーザー自身で交換可能なことを確認したと報告しています。

ただ、メモリは放熱板で覆われていることと、メモリの幅があることから、従来のモデルのように裏蓋を開けるだけでの交換は出来ず、ロジックボードを引き出さないと交換出来ない仕様となっており、分解が非常に面倒臭いそうです。

なお、ストレージについてはユーザー自身での交換は不可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。