Microsoft、「OneDrive」での「OS X 10.10」および「OS X 10.11」のサポートを2019年2月1日をもって終了へ

本日、Microsoftが、クラウドストレージサービス「OneDrive」での「OS X 10.10 Yosemite」および「OS X 10.11 El Capitan」のサポートを2019年2月1日をもって終了することを発表しました。

両OSでOneDriveの同期クライアントアプリを既にインストールして利用している場合、アプリは引き続き動作しますが、サポート終了となる為、2月1日以降はアップデートが提供されなくなり、何か問題があった場合でも修正されないことを意味しています。

また、同日より新規インストールは出来なくなりますので、アンインストールしたりOSを再インストールする場合は注意が必要です。

なお、Microsoftとしては「OS 10.12」以降へのアップデートを推奨しています。

[via Neowin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。