新型「MacBook Air」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかに

Appleは11月7日に新型「MacBook Air」を発売しますが、その新型「MacBook Air」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかになりました。

スコアが明らかになったのは新型「MacBook Air」のRAMが16GBのモデルとなっており、やはりプロセッサは「Intel Core i5-8210Y」となっており、スコアはシングルコアが4248点、マルチコアが7828点となっています。

Retinaディスプレイを搭載していない「MacBook Air (2017)」のスコアはシングルコアが3300点、マルチコアが6100点ほどとなっており、シングルコア、マルチコアともに28%ほどのパフォーマンス向上となっています。

また、参考までに「MacBook 12インチ(2017)」の基本モデルのスコアは3500点/6600点ほど、「MacBook Pro 13インチ (2017/Touch Bar非搭載モデル)」は4300点/9000点となっています。

GeekBenchは主にCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークとなっており、CPU性能を気にされる方は参考にして下さい。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク