新型「MacBook Air」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかに

Appleは11月7日に新型「MacBook Air」を発売しますが、その新型「MacBook Air」のGeekBenchのベンチマークスコアが明らかになりました。

スコアが明らかになったのは新型「MacBook Air」のRAMが16GBのモデルとなっており、やはりプロセッサは「Intel Core i5-8210Y」となっており、スコアはシングルコアが4248点、マルチコアが7828点となっています。

Retinaディスプレイを搭載していない「MacBook Air (2017)」のスコアはシングルコアが3300点、マルチコアが6100点ほどとなっており、シングルコア、マルチコアともに28%ほどのパフォーマンス向上となっています。

また、参考までに「MacBook 12インチ(2017)」の基本モデルのスコアは3500点/6600点ほど、「MacBook Pro 13インチ (2017/Touch Bar非搭載モデル)」は4300点/9000点となっています。

GeekBenchは主にCPUのパフォーマンスを測定するベンチマークとなっており、CPU性能を気にされる方は参考にして下さい。

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。