「iOS 12.1」では「iPhone 8/8 Plus/X」でもパフォーマンス管理機能が利用可能に

昨日、「iOS 12.1」が正式にリリースされましたが、「iOS 12.1」では「iPhone 8/8 Plus/X」でもパフォーマンス管理機能が利用可能になっていることが分かりました。

パフォーマンス管理機能とは、バッテリーの充電残量が少ない、化学的経年劣化が進んでいる、周囲温度が低いといった状況下では、突然のシャットダウンが起きる可能性が高くなり、極端な場合はシャットダウンが頻繁に起こり、その結果、デバイスが不安定になって使えなくなることもありえる為、iPhoneを継続して使えるようにするために、iOSがパフォーマンスの瞬間的なピークをダイナミックに管理し、突然のシャットダウンを防ぐようになっている機能のこと。

同機能は「iOS 11.3」より導入され、これまでは「iPhone 6/6s/7/SE」でのみ利用可能でしたが、「iOS 12.1」からは「iPhone 8/8 Plus/X」でも利用可能となっています。

ただ、「iPhone 8/8 Plus/X」は、ハードウェア面でもソフトウェア面でもより進化した設計になっているため、必要とされる電力とバッテリーの給電性能の双方をより正確に見積もり、システム全体のパフォーマンスを最大限に引き出せるようになっているそうで、これにより異なるパフォーマンス管理システムが可能となり、iOS が突然のシャットダウンをより正確に予測し、回避でき、その結果「iPhone 8」以降のほうがパフォーマンス管理の影響が目立ちにくいかもしれないとのこと。

なお、パフォーマンス管理機能は「設定>バッテリー>バッテリーの状態」にあり、同機能の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

iPhone のバッテリーとパフォーマンス

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。