「Apple Watch Series 4」の心電図機能、米国以外でも利用可能かも

「Apple Watch Series 4」の新機能のうちの1つである心電図(ECG)機能は、提供開始当初は米食品医薬品局(FDA)の認証を取得している米国でのみ利用可能になる予定ですが、9To5Macによると、「iOS」のコードを調査した結果、米国のみの制限はソフトウェアベースで行われており、ちょっとした設定変更で米国外のユーザーも利用可能になる可能性があることが分かりました。

同機能の提供国の制限はソフトウェアベースで行われており、「Apple News」アプリと同じように「設定>一般>言語と地域」の欄にある「地域」の項目を“日本”から“アメリカ合衆国”に変更することで利用可能になるとのこと。

ただ、これにより日時の書式や各種単位などが米国のものに変更される副作用があります。

また、心電図機能を利用するにもまだ心電図アプリが提供されていない為、実際にはまだ利用出来ないことに加え、心電図アプリの正式リリースまでにAppleが「iOS」に何らかの制限を掛ける可能性もあります。

iPhone XS/XRの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。