iFixit、「iPhone XR」の分解レポートを公開

本日、iFixitが、「iPhone XR」の分解レポートを公開しています。

「iPhone XR」の内部は「iPhone X」と「iPhone 8」を合わせたような設計で、バッテリーは「iPhone XS」シリーズや「iPhone X」とは違い、長方形のバッテリーが採用されており、バッテリーの容量は11.16Whで、64GBのフラッシュストレージは東芝製、3GBのRAMはMicron製、LTEモデムチップはIntel製となっています。

また、SIMカードリーダーがiPhoneでは初となるモジュール式となっており、故障時にSIMカードリーダーだけを容易に交換することが可能となっています。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中6点と、ディスプレイの交換が簡単にできることがプラス面で挙げられており、マイナス面は背面のガラスが割れた場合は筐体全てを交換しなければならないことが挙げられています。

iPhone XR Teardown – iFixit

iPhone XS/XRの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。