Microsoft、「Xbox One」向けに2018年10月度のアップデートを提供開始 − Dolby Vision形式のビデオストリーミングのサポートなど

本日、Microsoftが、「Xbox One」の2018年10月度アップデートの一般向けの提供を順次開始しました。

同アップデートでの主な新機能は以下の通り。

  • 従来 Kinect やヘッドセットで実現していた音声入力機能を拡張し、コルタナとAlexa対応デバイスを音声で操作することができるようになりました。(米国のみ)
    Xbox アバター機能を拡張しました。
  • Netflix アプリなどのメディアストリーミングアプリでDolby Vision形式のビデオストリーミングをサポートしました。
  • ナレーター機能にスペイン、ポルトガル、ポーランド、スウェーデン、オランダの5言語を追加しました。

なお、「Xbox One」のバージョンとシステムアップデートの詳細については下記を参照して下さい。

Xbox One オペレーティングシステムのバージョンとシステムアップデート

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。