Google、「Google+」の一般向けサービスを終了へ

本日、Googleが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「Google+」の一般向けサービスを2019年8月をもって終了することを発表しました。

使用率が非常に低いことに加え、最大50万人のユーザーの個人情報が外部流出する恐れがある重大な問題が「Google+ People API」で見つかったことから同サービスを終了することを決定したそうです。

このAPIの問題により、サードパーティの開発者が名前や年齢などのユーザーの個人データに無許可でアクセス可能だったようですが、悪用された証拠はなく、プロフィールデータが誤用されているという証拠も見つかっていないそうで、問題は現在は解決済みとのこと。

なお、今後数ヶ月にかけてユーザーにはデータをダウンロードして移行する方法などの追加情報が提供される予定です。

また、サービス終了となるのは一般ユーザー向けの「Google+」で、企業向けユーザーには引き続き提供され、新しい機能も導入される予定で、こちらも今後より多くの情報を発表する予定とのこと。

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。