次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」の正式名称は「Wi-Fi 6」に

本日、無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceが、「IEEE 802.11ax」ベースの次世代Wi-Fiの名称を「Wi-Fi 6」とすることを正式に発表しました。

また、これに伴い2世代前までさかのぼって名称がナンバリングに変更され、802.11nは「Wi-Fi 4」に、802.11acは「Wi-Fi 5」に変更されます。つまり、以下のようになる。

・802.11n ⇒ Wi-Fi 4
・802.11ac ⇒ Wi-Fi 5
・802.11ax ⇒ Wi-Fi 6

Wi-Fi Allianceはこの命名に関して、ユーザーがWi-Fi製品およびネットワークについて理解しやすくするための新たな命名アプローチの一環と述べており、同団体のメンバーだけでなく、OSや端末のメーカーに対し製品のスペックで新しい名称を使うよう推奨していく方針とのこと。

また、スマートフォンでWi-Fiに接続している状態を示すアイコンも変更され、今後は下記画像の通り、アイコンに4、5、6の数字が付くようになり、外出先のWi-Fiスポットでも提供Wi-Fiの種類が分かり易くなります。

なお、「Wi-Fi 6」対応製品は2019年より順次登場する予定です。

[via ITmedia

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

3 COMMENTS

marr

今までよりも理論値では37%高速とされるが、実測では既存の規格の4倍速ほどにもなることが期待されている。今年1月のCESにおいて、瞬間的にではあるが11Gbit/sec(=1.3GB/sec)をマークするデモが披露されている。

現在コメントは受け付けておりません。