Microsoft、本日より家庭向け「Office 365」の使用デバイス台数の制限を撤廃

先日の発表通り、本日より、Microsoftの「Office 365」の家庭向けのサブスクリプションである「Office 365 Solo」をインストールできるデバイスの台数制限が撤廃されました。

これまでは2台のWindows PCまたはMac、2台のタブレット、2台のスマートフォンの合計6台のデバイスで利用可能でしたが、本日よりこの台数制限が撤廃され、1ライセンスにつき、1ユーザーが何台のデバイスにでも「Office 365 Solo」をインストールすることができるようになりました。

なお、同時にサインインできるデバイスの台数は5台までとなっています。

また、CSP(クラウド ソリューション プロバイダー プログラム)と同社ウェブサイト(法人向け直販サイト)にて提供中の「Office 365」の法人向けサブスクリプション版製品である「Office 365 Business Premium」が、本日より家電量販店やオンラインショップでも購入出来るようになったことも発表されました。

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。