「Surface Studio 2」とみられるベンチマークデータが明らかに

Microsoftは10月2日に開催する発表イベントで新型「Surface」シリーズを発表するとみられていますが、同時に発表されるものと予想される新型「Surface Studio」こと「Surface Studio 2」のものとされるベンチマークデータが明らかになりました。

そのベンチマークデータは「GeekBench」のデータで、2018年9月26日にアップロードされたものとなっており、「Windows 10」や第7世代Coreプロセッサ(Laby Lake)の「Core i7-7820HQ」、32GB RAMなどを搭載しており、これが本当に「Surface Studio 2」のものかは不明ですが、本物であれば最上位モデルのものと考えられます。

実際に「GeekBench」で検索すると「Surface Studio 2」のベンチマークデータは多数アップロードされており、ベンチマークスコアはシングルコアが4,500〜4,700、マルチコアが15,500〜16,000となっており、現行の「Surface Studio」の最上位モデルのスコアは4,200/14,400であることから、7〜11%ほどパフォーマンスが向上しています。

[via /LEAKS

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。