「Windows 10 October 2018 Update」がRTMに到達

Windows Centralによると、「Windows 10 October 2018 Update」がRTM(Release To Manufacturing)に達し、開発が完了したようです。

RTMとは、製造工程向けリリースや量産出荷版などと呼ばれるもので、MicrosoftがOSソフトウェアをOEMへと提供し、最終製品として出荷される準備が整ったことを意味していますが、Microsoftは「Windows 10」以降はRTMの発表を行っていません。

先日から報じられていた通り「build 17763」がRTMビルドとなり、特に大きな問題が発生しない限り、10月1週目もしくは2週目に正式にリリースされるものとみられています。

また、Windows Latestによると、「build 17763」のESDファイルを解析した結果からも同ビルドがRTMビルドである可能性があることが確認されており、さらに10月2日(日本時間10月3日)にリリースされることを示唆する記述も見つかっているようです。

10月2日と言えばMicrosoftが「Surface」関連の発表イベントを開催する日となっており、これまで通りであればその月の月例パッチのリリース日(日本では毎月第2水曜日)から順次配信開始となっていましたが、今回はイレギュラーでイベントに合わせて10月2日にリリースされるのかもしれません。

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク