「iPhone XS/XS Max」の「A12 Bionic」チップ、「A11 Bionic」より約5%小型化

Tech Insightsが、先日に発売された「iPhone XS Max」の分解レポートを公開しており、「A12 Bionic」チップやリアカメラ(広角カメラ)の一部詳細が判明しました。

「A12 Bionic」チップのダイサイズは、9.89㎜x8.42㎜の83.27㎟で、「A11 Bionic」チップの89.23㎟よりも約5%小型化されており、Appleの「A」シリーズチップの中では2番目に小さいサイズとなっています。
(一番小さかったのは「A4」チップで52.05㎟)

「A12 Bionic」チップは業界初の7nmの製造プロセスが採用されており、製造プロセスのサイズが小さくなると、同じ面積の半導体により多くのトランジスターを収めることができ、より複雑な機能を実現したり、トランジスターの動作速度を向上させたりする事が可能になります。

また、「iPhone XS/XS Max」の背面の広角カメラのセンサーは新設計となっており、裏面照射型センサーが5.21㎜x6.29㎜(32.8㎟)から7.01㎜x5.79㎜(40.6㎟)へと大型化されていて、画素ピッチが1.22μmから1.4μmへと広げられていることが確認されています。

さらに、オートフォーカスの独自技術である「Focus Pixels」の密度も「iPhone 8/X」に比べると向上しており、「Focus Pixels」の密度が向上すると、より多くの領域がオートフォーカスポイントとして利用可能になることを意味しているそうです。

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。