Microsoft、付箋メモアプリの最新版「Sticky Notes 3.0」を一般向けにも提供開始 − 「Windows 10 April 2018 Update」以降が対象

Microsoftは付箋メモアプリ「Sticky Notes」の次期バージョンである「Sticky Notes 3.0」のテストを今年8月よりWindows Insider Programのユーザー向けに実施していましたが、本日、同社が「Sticky Notes 3.0」を一般向けにも提供を開始しました。

「Sticky Notes 3.0」は、「Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)」以降を実行しているWindows 10搭載PCを利用している全てのユーザー向けに提供が開始されており、アップデートは順次提供開始となることから、まだアップデートを受信出来ていないユーザーはもう暫く待つ必要があります。

「Sticky Notes 3.0」では、Windowsデバイス間でメモを同期およびバックアップすることが可能になった他、複数のメモをまとめて表示するホーム機能、新しい書式設定、ダークテーマ、パフォーマンスの向上などの変更が行われています。

また、iOSとAndroid向けアプリも用意され、年内にも内部テストを開始すると噂されています。

[via Neowin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。