新型「iPhone」のRAMの容量、「iPhone XR」は3GBで、「iPhone XS Max」は4GB??

LETSGO DIGITALが、「iPhone XS Max」と「iPhone XR」のGeekBenchのベンチマークデータを公開しており、各モデルのRAMの容量やA12 Bionicチップの動作周波数などが明らかになりました。

まず、「iPhone XR」は3GBのRAMを搭載し、シングルコアのスコアが4,754、マルチコアのスコアが9,367となっています。

次に、「iPhone XS Max」は4GBのRAMを搭載しており、A12 Bionicチップの動作周波数は2.49GHz(恐らく可変)で、シングルコアのスコアが4,813、マルチコアのスコアが10,266となっており、「iPhone XS」のデータはないものの、RAMの容量は「iPhone XS Max」と同じ4GBと予想されます。

参考までに、「iPhone X」のベンチマークスコアは、シングルコアは4,208、マルチコアは10,116となっており、「iPhone 8 Plus」はシングルコアが4,218、マルチコアが10,164となっており、「iPhone XR」と「iPhone XS Max」のシングルコアのスコアは旧モデルに比べ大幅に向上しているものの、マルチコアのスコアはほぼ横ばいとなっています。

ただ、公開されたベンチマークデータを本物かどうかは確認出来ない為、スコアについてはもう少し様子を見た方が良いかもしれません。

動作周波数 RAM シングルコア マルチコア
iPhone XS Max 最大2.5GHz(?) 4GB 4,813 10,266
iPhone XR 3GB 4,754 9,367
iPhone X 最大2.4GHz 3GB 4,208 10,116
iPhone 8 Plus 最大2.4GHz 3GB 4,218 10,164
iPhone 8 最大2.4GHz 2GB 4,219 10,107
iPhone 7 Plus 最大2.3GHz 3GB 3,437 5,784
iPhone 7 最大2.3GHz 2GB 3,397 5,718

[via Ben Geskin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。