「iPhone Xs Max」の重さは歴代で最も重たい208gに?? ー 新型「Apple Watch」は64bitプロセッサを搭載との情報も

いよいよ新型「iPhone」の発表まで残り1日となりましたが、9To5Macが、”噂”と題して、未確認の情報筋から得たという新型「iPhone」や新型「Apple Watch」に関する情報を掲載しています。

その情報とは新型「iPhone」シリーズでは最大となる6.5インチモデル「iPhone Xs Max」の重さで、その重さは7.34オンス(208g)と、歴代で最も重い「iPhone 8 Plus」の202gよりもさらに重くなるとのこと。

これは筐体にアルミを採用している「iPhone 8 Plus」とは違い、「iPhone Xs Max」はステンレススチールを採用する為で、そのことから約6g重くなる模様。

また、昨日にアナリストのMing-Chi Kuo氏が報告していたように、新型「iPhone」シリーズには従来の5WのUSB-A電源アダプタが同梱されるとの情報も寄せられているようです。

他にも、「iPhone Xs Max」はデュアルSIM仕様が用意される他、Lightningポートの両サイドの穴の数が4つと7つで左右非対称となっているようですが、これが何の為なのかは何も書かれておらず、先日に明らかになった同モデル用の壁紙については、本体のカラーリングに合わせて異なる壁紙が用意されるようです。

更に、同時に発表される新型「Apple Watch」については、64bitプロセッサが搭載されるとの話があるとのこと。

スポンサーリンク