Microsoft、「Windows 7」の延長サポートを有償で提供へ

Microsoftが、「Windows 7」のサポートを有償で延長すると発表しました。

「Windows 7」のサポートは2020年1月14日に終了する予定ですが、サポート終了後も有償でセキュリティアップデートである「Windows 7 Extended Security Updates」を2023年1月まで受け取ることが出来るようになるとのこと。

対象はボリュームライセンス契約をする「Windows 7 Professional / Enterprise」の全ユーザーで、一般ユーザーは対象外となっており、デバイス単位で課金され、料金は毎年引き上げられる予定です。

また、「Windows Software Assurance」もしくは「Windows 10 Enterprise / Education」の利用者には割引が適用されます。

[via Microsoft, ZDNet]

5 COMMENTS

匿名

やめてくれ、
WindowsXPの悲劇が繰り返されるだけじゃないか…
いくら上層部が保守的で、直さないためには金を払うといっても、
もう社内情シスもサポートできないぞそんなの。

匿名

それはその会社の経営陣が悪いだけでしょ。

匿名

7は既に2009年の化石OSなので有償サポートになるのは仕方がないですね

現在コメントは受け付けておりません。