Microsoft、「Windows 7」の延長サポートを有償で提供へ

Microsoftが、「Windows 7」のサポートを有償で延長すると発表しました。

「Windows 7」のサポートは2020年1月14日に終了する予定ですが、サポート終了後も有償でセキュリティアップデートである「Windows 7 Extended Security Updates」を2023年1月まで受け取ることが出来るようになるとのこと。

対象はボリュームライセンス契約をする「Windows 7 Professional / Enterprise」の全ユーザーで、一般ユーザーは対象外となっており、デバイス単位で課金され、料金は毎年引き上げられる予定です。

また、「Windows Software Assurance」もしくは「Windows 10 Enterprise / Education」の利用者には割引が適用されます。

[via Microsoft, ZDNet]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。