Twitter、PWA対応のWindows 10版アプリでタイムラインをサポート

Twitterが、PWA(プログレッシブウェブアプリ)に対応した「Windows 10」向け公式アプリをアップデートし、「Windows 10」のタイムライン機能に対応した事が分かりました。

タイムライン機能に対応しているのはライブイベントとモーメントのみで、ライブイベントとモーメントを表示するとタイムラインにエントリが追加され、後で簡単に更新を参照できるようになります。

また他にも、Windows版としては、Microsoft EdgeでTwitterのリンク(twitter.com)をクリックすると公式アプリが開くようになっており、PWA版全体では動画(最大15MB)をツイートに添付出来るようになったり、検索結果の強化、スレッド作成の改良なども行われています。

Twitter – Microsoft Store
Release Notes – Twitter

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。